MdNCORPORATION

イラストレータ8.0差分 Macintosh & Windows

イラストレータ8.0差分 Macintosh & Windows

ランディング 編著
本体 2700円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 1999-03-25
仕様 B5変 232*182/192P
ISBN 978-4-8443-5507-6
グラフィックツールの定番Adobe Illustratorの5.5および7.0から8.0にバージョンアップした60の重要ポイントだけを徹底解説した中・上級者グラフィックユーザー必携の一冊!

本書は、Adobe Illustrator 8.0のバージョンアップの内容を詳説した解説書。Illuatrator 5.5または7.0を使用している中級以上のユーザーが、8.0を導入するにあたって、どこが変わったのか、どのように使いやすくなったのかあるいは悪くなったのかが、すぐに理解できるようにポイントをまとめて紹介しています。また、問題なく8.0を導入するにはどうすべきかも解説。辞書的に活用できる一冊です。



目次

目次 はじめに 本書の読み方 目次 00 バージョンアップ内容一覧 00 Illustrator 5.5ユーザーのために ●第1章 ツールパレット 01 ツールパレットの切り離し   ツールグループごとに切り離しが可能になった 02 選択ツール   選択即変形、複数オブジェクトの変形が可能になった 03 ペンツール   作画アイデアをダイレクトに反映できるよう操作性を改良 04 楕円形ツール   楕円ツール(中心から描画)が廃止された 05 長方形ツール   角丸長方形ツールで描画時に角丸の半径を変更可能 06 ブラシツール   4種類のライブブラシを搭載したブラシツール 07 鉛筆ツール   直感的なパスの描画が可能になった鉛筆ツール 08 スムーズツール   作成したパスをより滑らかにするスムーズツール   Case Study : スムーズツールと鉛筆ツールを使用した画像のトレース 09 消しゴムツール   不要なパスを部分的に消去してしまうツール 10 自由変形ツール   パスやオブジェクトを自由に変形するツール 11 ブレンドツール   ブレンド機能が大幅に改善され、編集やプレビューが可能になった 12 グラデーションメッシュツール   より自由なグラデーション表現が可能になった   Case Study : オブジェクトを組み合わせて画像に立体感をつける 13 スポイトツールと塗りつぶしツール   線や塗りだけでなく文字設定や段落設定をサンプル、塗りつぶしが可能 14 その他の変更点   拡大・縮小ツール   はさみツール   ナイフツール   ものさしツール   ズームツール   ページツール ●第2章 パレット 15 カラーパレット   カラーパレットだけでカラー設定操作を行うことが可能になった 16 ブラシパレット   パスに沿ったグラフィックオブジェクトを簡単に作成できる 17 レイヤーパレット   テンプレートレイヤーの導入や細かい機能の変更で使いよくなっている 18 段落設定パレット   禁則処理のサポートが強化された 19 変形パレット   パレットメニューが増設され、変形の細かいオプション設定が可能になった 20 スウォッチパレット   新たなカラータイプを導入、より幅広い使用が可能になった 21 ナビゲータパレット   画像の表示箇所をすばやく変更することができる 22 リンクパレット   配置画像のリンクをパレットで簡単にコントロールできるようになった 23 アクションパレット   クリック1回でオブジェクトを作成できる   Case Study : アクションの使いこなし 24 パスファインダパレット   メニューからパレットに移行し、常に表示させておくことができる 25 その他の変更点   グラデーションパレット   整列パレット   線種パレット ●第3章 ファイルメニュー 26 ファイルの保存とデータの書き出し   PDFで縦組みテキストが正しく保存されるようになった 27 配置   配置できるファイル形式も増え、リンクパレットとの連携で、より使いやすくなった  28 環境設定   新機能スマートガイドの設定を行うパレットが追加された 29 カラー設定   ICCプロファイルに基づくカラー管理方法を使用することができるようになった ●第4章 編集メニュー 30 選択サブメニュー ●第5章 オブジェクトメニュー 31 分割・拡張   線と塗りを個々のオブジェクトに分割できるようになった 32 グラデーションメッシュを作成   オブジェクトにグラデーションを自由に設定できる 33 ブレンド   ブレンド機能の詳細な設定や編集が可能になった   Case Study : グループ化、マスク、複合パスを使ったブレンド 34 その他の変更点   [パスファインダ]サブメニューの全機能はパスファインダパレットへ移行   マスクのロックが可能になった   バウンディングボックスのリセット   オブジェクトのロックおよび非表示のショートカットキー変更 ●第6章 フィルタメニュー 35 ハッチ効果   パスオブジェクトにインクペンで描いたような効果を加える 36 フォトクロスハッチ   ビットマップ画像をインクペンで描いたような画像に変換するフィルタ 37 シャープツールとぼかし   Photoshopでおなじみのフィルタが新たに追加 ●第7章 画面メニュー 38 スマートガイド   オブジェクトの作成や移動、変形の手助けになる便利な機能 ●第8章 ウィンドウメニュー 39 パレットの操作   新たに追加されたパレットの表示/非表示を切り替えたり、ライブラリを読み込む ●第9章 他ソフトとの連携 40 Photoshop 5形式をサポート  レイヤー構成を保持したままファイルの書き出しができる 41 アドビ社製品としての統合化機能   より統合化が進み、他ソフトと違和感なく使用できる 42 他ソフトとのファイルの互換性   IllustratorのレイヤーをPremier,After Effectsに読み込む 43 印刷での注意点   ポストスクリプトレベル3に対応した    ●第10章 付録 キーボードショートカット 索引 ・ツールパレットからAdobe Onlineにアクセスする ・ファイルサイズとブラシ、スウォッチの関係 ・[用紙設定]コマンド ・[最近使った書類]コマンド ・[閉じる]コマンド ・スクラップブックのデータ形式 ・[選択範囲を隠す]、[すべてをロック解除] ・[濃度調整]が[彩度調整]に変更された ・フィルタメニューから削除、移動したコマンド ・テンプレートを隠す ・ガイドを削除 ・[ポイントにスナップ]が環境設定から移動 ・起動時のパレットを編集する Illustrator 7.0でのグラデーションメッシュ

基礎から演出まで! イラスト表現のヒントが満載の8冊

基本からはじめてプロデザイナーを目指す!最初の一歩に選ぶ本