MdNCORPORATION

写真補正必携 実例で見るPhotoshopレタッチ手法

谷本 夏 著/高嶋 一成 著/吉田 浩章 著
本体 2500円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 2018-09-27
仕様 B5判/208P
ISBN 978-4-8443-6788-8
クライアントに写真を納品するフォトグラファー、入稿された画像データを処理するオペレーターはもちろんのこと、“写真補正は他のスタッフに作業をお願いしていた”ようなデザイナーも最近は「正しい写真補正」の作業が要求されています。本書は、そういったさまざまなプロに必要な写真補正の正しい基礎知識と手法をまとめた決定版です。補正に関する各基礎知識から、「光のコントロール」「色味のコントロール」「修復系」「構図と切り抜き、合成」「さまざまな演出」をメインテーマとした計32の実例とその作業手順を解説。基本的な写真補正作業は、かつてはPhotoshopの通常機能を使うのがスタンダードでしたが、近年のプロの現場では、RAWデータ以外の画像ファイルも扱えるLightroomやCamera Rawなどを使うことが多くなっています。しかし本書では、写真補正の「セオリー」を知っていただくために、敢えてPhotoshopの通常機能を中心に解説しています。この本の解説内容に沿って実際に手を動かしてみればそういった理屈を学ぶことができますので、ほかのさまざまなツールを使う際にも応用が効くでしょう。

■ページ見本






目次

■INTRODUCTION 補正作業の前に
01 補正作業の前に
02 モニターキャリブレーション
03 ソフトウェアのカラープロファイル
04 レンズプロファイルの設定
05 ホワイトバランス
06 画像の解像度
07 画像のファイル形式

■CHAPTER 1 光のコントロール
知っておきたい基礎知識
01 周辺光量を調整する
02 料理の印影を弱めて食卓を明るくする
03 逆光に透ける葉を印象的な明るさと色にする
04 ぼんやりした遠景をくっきりさせる
05 バスを背景に合成して臨場感のある映り込みをつくる
06 光量を調整して立体感のある絵に
07 ハイライトとシャドウのバランスを取る
08 HDR補正での画質の低下を抑える
09 シャドウ部の中心を明るくしつつ、色鮮やかな花写真に仕上げる

■CHAPTER 2 色味のコントロール
知っておきたい基礎知識
01 色相・彩度を調整することで、着色したような写真に仕上げる
02 着物の色を際立たせるために背景の色味を変える
03 雲の陰影を調整してさらに幻想的に
04 曇天で撮影された写真を明るくする
05 時間と共に褪せた写真のような風合いにする
06 暗闇で撮った花火を印象通りの彩りにする
07 女性の肌を自然な色にする
08 くすんで見える空や花を色鮮やかにする
09 色かぶりした都会の夜景をクリアな色にする
10 被写体を複製して、色違いのバリエーションを増やす

■CHAPTER 3 修復系
知っておきたい基礎知識
01 複数のライトの色の違いを補正する
02 写真の中の被写体を移動させる
03 髪や明るさ、体型を修正して女性をきれいに仕上げる
04 髭跡、肌を滑らかに整える
05 ピンボケやブレを軽減してシャープな写真にする
06 被写界深度を後で修正する

■CHAPTER 4 構図と切り抜き、合成
知っておきたい基礎知識
01 人物のスタンダードな切り抜きと合成
02 夕暮れ時の暗い風景を見えるように
03 ギターを切り抜き、映り込みも調整する
04 都会の建物と道路のパースを修正する
05 夕景建築写真をセオリー通りに仕上げる
06 構図を変えることで料理をもっとおいしそうに

■CHAPTER 5 さまざまな演出
知っておきたい基礎知識
01 幻想的な夜景を作り上げる
02 盆栽の緑、みずみずしさを表現する
03 「波打ち際でウィリーしている車」を合成で作る
04 合成を駆使して現実にはあり得ない写真を作る
05 「今は存在しない」息遣いを表現する
06 複数の物撮り写真を自然な一枚に合成する

あわせてよく検索される書籍

オリジナルグッズ制作がもっと楽しくなる大活躍アイデアシリーズ

今よりぐっと"良い"写真に仕上げる!おすすめ解説書ラインナップ