MdNCORPORATION

UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。

栄前田 勝太郎 著/河西 紀明 著/西田 陽子 著
本体 2400円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 2019-03-19
仕様 B5変形判/168P
ISBN 978-4-8443-6859-5
WebサービスやアプリのUIを、チームで協業して作り上げ、改善していくための仕組みや手法を解説した本。 ユーザーのニーズが多様かつ複雑で、移り変わりも早い今のような時代は、ユーザーの声やデータに潜むニーズから潜在的に求めているものを分析し、さらにプロトタイプやミニマムな完成品を作って改善を繰り返すといった、スピーディーな開発プロセスが求められています。「UIをデザインするプロセス」がデザイナーにしか見えないような従来のやり方では、こうしたスピーディーな開発プロセスを実現することが難しくなってきました。 本書では、UIの「デザインプロセス」そのものをプロジェクトチーム全体で共有しながら開発を進めていく手法の具体的な中身と、どのようにして現場で取り入れていけばよいのかを、事例も交えながら、できるだけわかりやすく伝えています。デザイナーやエンジニアだけではなく、マーケティング部門や営業部門、ときには経営層も加わる「チーム」の中で、UIデザイナーが主導すべき役割や、ビジネス視点でサービス開発を捉えたときに「デザインでは解決できないこと」なども解説しています。

■ページ見本






目次


------------------------------------------------------------
■CHAPTER 1 Webサービスの“カイゼン”と運用
------------------------------------------------------------
01 誰のための「デザイン」?
02 デザインでは改善できないこと
03 施策を考える前にユーザーを考える
04 取り組むべき課題の見つけ方
05 改善プロセスの考え方を見直す
06 サービスを成長させるために必要な体制
07 「デザイン」をデザイナーだけのものにしない
08 デザインプロセスを「目で見える」ものにする
09 よりファストなUIデザインフロー
10 デザインも「運用」する
11 情報共有のためのツールとルールを導入する

------------------------------------------------------------
■CHAPTER 2 UIデザイナーは何をどうデザインする?
------------------------------------------------------------
01 Webサービスを「デザインする」とは?
02 サービスを開発するデザイナーの仕事とスキル
03 UIデザインって何をするの?
04 情報を整理してUI要素に翻訳する
05 プロトタイプを作ってコミュニケーションを活発にしよう
06 スタイルガイドでデザインの品質と制作環境を整える
07 UIデザイナーの組織内でのコミュニケーションと役割

------------------------------------------------------------
■CHAPTER 3 「ビジネス視点」でサービスを成長させる
------------------------------------------------------------
01 定量データ/定性データは何を示すのか?
02 データにもとづくデザイン改善
03 自社のビジネスを理解する
04 アイデアとロジックを両立させる
05 プロトタイピングが意識と理解を変える
06 プロトタイプの種類
07 チームの意識を統一する

------------------------------------------------------------
■CHAPTER 4 「ユーザーリサーチ」でサービスを改善する
------------------------------------------------------------
01 ユーザーリサーチをはじめてみよう
02 ユーザーリサーチをプロジェクトで実践するには
03 ユーザーが見ている世界をつかむ「ユーザーインタビュー」
04 ユーザーインタビューを計画する
05 ユーザーインタビューの当日準備
06 ユーザーインタビューの質問手法
07 ユーザーインタビューの記録方法
08 チームでインタビュー結果を振り返る
09 「使いやすさ」を評価するユーザーテスト(ユーザビリティテスト)
10 ユーザーテストを準備するには
11 ユーザーテストを実査する
12 ユーザーテストの結果を分析する
13 街にいる人々を対象にするゲリラインタビュー
14 ユーザーを取り巻く環境を理解するシャドーイング
15 ユーザーとリアルに接するミートアップイベント
16 エキスパートレビューを実施するメリット

------------------------------------------------------------
■CHAPTER 5 「デザインシステム」を作り育てよう
------------------------------------------------------------
01 デザインシステムとは何なのか
02 デザインシステムはコミュニケーションの共通言語
03 デザインシステムが解決するもの
04 インターフェース体系化の事例を見る
05 デザインシステム構築の「きっかけ」を作ろう

------------------------------------------------------------
■CHAPTER 6 デザインワークをチームで協業する
------------------------------------------------------------
01 デザインワークを協業するのは何のため?
02 UXデザインに触れてみよう
03 戦術的プロトタイピングの実践方法
04 体験的プロトタイピングの実践方法
05 ユーザーテストを設計してみる

用語索引
参考文献

とっておきの夏にしよう!家でたくさん遊べる 塗り絵&スクラッチアート♪

秋の行楽シーズン!特別な旅にするための、おとも本!