MdNCORPORATION

未来IT図解 これからのキャッシュレス決済ビジネス

山口 耕平 著/澤井 亮佑 著
本体 1500円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 2019-12-30
仕様 A5判/144P
ISBN 978-4-8443-6932-5
2019年10月からキャッシュレス・消費者還元事業がはじまり、日常に浸透しつつあるキャッシュレス決済。 現在の日本はクレジットカードやデビットカードといった従来のカード決済に加え、 FeliCaを利用した非接触型電子マネー決済、QRコードを活用したスマートフォン決済など、 さまざまな決済手段が存在し、各プレイヤーが主導権を握ろうとシェア獲得を目指しています。 では、支払いという行為から物理的な金銭の授受をなくし、データのやりとりに置き換えることで、消費者の購買行動やマーケティングはどのように変わるのでしょうか?  本書では、現在の混沌とした国内の状況を整理し、海外の先進事例なども紹介しながら、キャッシュレス決済がもつ可能性とインパクトをひもときます。 キャッシュレス決済を支える技術、キャッシュレス決済を推進する意図、 市場にひしめく多様なプレイヤー、インバウンド対応でのメリット、 店舗が導入する際のポイント、海外で誕生している新たなサービス、 購買データの活用など、さまざまな構想が入り組むキャッシュレス決済の全体像を、 図をふんだんに用いてわかりやすく解説しました。 いままさに起こりつつある購買行動の革命を勝ち抜く、必須のビジネスナレッジを凝縮した一冊です。

■ページ見本






目次

世界のキャッシュレス事情
日本におけるキャッシュレス決済の図式

■PART1 キャッシュレス決済がなぜ話題になるのか
01 キャッシュレスとは
02 キャッシュレスのメリット
03 キャッシュレスのデメリット
04 キャッシュレスに関する日本の施策
05 海外のキャッシュレス事情
06 キャッシュレス化が進まない日本

■PART2 キャッシュレス決済を可能にする技術
07 キャッシュレスのあゆみ
08 クレジットカード
09 電子マネー
10 QRコード決済
11 暗号資産
12 地域通貨

■PART3 キャッシュレス決済の構図
13 クレジットカード業界のしくみ
14 クレジットカード業界における収益構造
15 現金管理のコスト
16 顧客の信用力
17 キャッシュレス決済にかかわる法律
18 キャッシュレス化推進のための組織やアライアンス

■PART4 複雑に絡み合うキャッシュレス決済のプレイヤー
19 続々と乱立する〇〇ペイ
20 スマホ決済のプレイヤー
21 交通系キャッシュレス
22 非接触型キャッシュレス
23 クレジットカードの利用用途
24 銀行の巻き返し
25 見逃してはいけない海外からのキャッシュレスブランド
26 キャッシュレス導入のポイント
27 軽減税率
28 キャッシュレス・消費者還元事業
29 実店舗での利用例

■PART5 キャッシュレス決済がもたらすミライ
30 続々と生まれるキャッシュレスの技術
31 キャッシュレスを活かしたビジネスの変化
32 キャッシュレスで変わる日本産業
33 キャッシュレスを利用した地域活性化
34 意外と儲からないキャッシュレスビジネス
35 海外の事例でみるキャッシュレスのマネタイズ
36 日本でも検討される決済情報の活用
37 キャッシュレス社会のあり方

家での時間を有意義に過ごそう♪見て楽しい・つくって楽しい、とっておきセレクション

基本からはじめてプロデザイナーを目指す!最初の一歩に選ぶ本