MdNCORPORATION

これだけは知っておきたいポートレート撮影の基本

河野 鉄平 著
本体 1300円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 2020-06-01
仕様 A5判/128P
ISBN 978-4-8443-6993-6


■ページ見本






目次


はじめに
Introduction ポートレート撮影で大切なこと
1 まずはしっかり人と対峙する
2 コミニュケーションの役割
Chapter1 ポートレートを撮る上で必要な基礎知識
1-1 使い分けたい撮影モード
1-2 大事なのはピント合わせ
1-3 絞りの見極めで写真は変わる
1-4 露出補正で明るさを変える
1-5 ホワイトバランスの効果を知る
1-6 色調補正機能を使って深みを加える
1-7 光への意識を変えて理想のポートレートを
1-8 アングルの調整で印象を変える
1-9 人物の存在感を演出する構図パターン
1-10 レンズ効果とポートレートの密接な関係
1-11 レフ版と三脚の役割
1-12 クリップオンストロボの役割
Column1 横構図と縦構図の特徴と生かし方
Chapter2 ロケーション別ポートレートテクニック1 屋外で撮る
2-1 街中でスタイリッシュに撮る
2-2 上半身のポートレートをドラマチックに
2-3 奥行きのある場所でドラマチックに撮る
2-4 視線を外したポートレートの撮り方
2-5 日陰を利用して情感溢れる写真を撮る
2-6 曇り空の下でやわらかい雰囲気で撮る
2-7 逆光を使って最高の美しさを
2-8 夕方の光を使ってノスタルジックに撮る
2-9 順光で力強さを演出する
2-10 男性モデルのポートレート術
2-11 モノクロで魅せる
2-12 夜の外光でドラマチックに人物を写す
2-13 子どもの表情を魅力的に写す
2-14 子どもの自然な様子を切り取る
2-15 動く子どもの躍動感をしっかり残す
2-16 家族を撮る〜3人以上の家族を撮る〜
Column2 測光方式の種類とポートレート
Chapter3 ロケーション別ポートレートテクニック2 屋内で撮る
3-1 自然光を使ってドラマチックに
3-2 レフ板を使ってやわらかい雰囲気を
3-3 トランスルーセントで曇り空の光源を
3-4 部屋の小物や装飾を雰囲気よく撮る
3-5 陰影を生かしながらローキーに
Column3 アスペクト比とポートレートの関係
Chapter4 ポートレート撮影で使う照明機材の基礎知識
4-1 夜の街灯りを生かして撮る
4-2 日中シンクロでメリハリを
4-3 ワイヤレス発光で独特の陰影をつける
4-4 リングライトを使って生っぽさを演出する
4-5 アイランプを使いシックな雰囲気に
4-6 クリップオンストロボで自然光風
4-7 ミックス光による色の偏りを補正する
4-8 自作スポットライトでシャープに撮る
4-9 3灯で朝方の雰囲気を演出する
Column4 室内で気軽に証明写真を撮る方法
Chapter5 ポートレートをきちんと仕上げるための画像テクニック
5-1 撮影時の保存形式とRAW現像の内容
5-2 色に関する知識とヒストグラムの見方
5-3 レベル補正の機能でレイヤーを重ねる
5-4 トーンカーブでカラフルな色調に
5-5 ホクロや髪の毛を消去する
5-6 ソフトフォーカス効果を演出する
5-7 ざらついたモノクロ調に仕上げる
5-8 ドラマチックで退廃的なイメージに

基礎から演出まで! イラスト表現のヒントが満載の8冊

基本からはじめてプロデザイナーを目指す!最初の一歩に選ぶ本