MdNCORPORATION

アフターエフェクツ教室5.0&5.5 Macintosh & Windows

アフターエフェクツ教室5.0&5.5 Macintosh & Windows

アドビプレス 著 / 風工舎 訳
本体 4500円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 2002-01-25
仕様 B5変 232*182/384P
ISBN 978-4-8443-5622-6
本書は、次世代モーショングラフィックの編集およびビジュアルエフェクトツールの使い方がマスターできる実践入門書です。全11レッスンで構成され、最新OSのMacintosh 10.1&Windows XPに対応した、最新バージョン5.5の新機能がいち早く学べます。付属CD-ROMのデータを使い実力にあったペースで作業できるのも魅力です。ディスプレイ上で手順を追いながら、アフターエフェクツの機能を使った本格的なムービー作りができます。アフターエフェクツを使ってみたい初心者からモーショングラフィックス制作やウェブデザイン、ビデオの編集などに使用するさまざまなクリエイターにとっても参考になる信頼性の高い書籍です。

目次


究極のモーショングラフィックスツールが学べ、最新バージョン5.5にも対応の実践入門書!

本書は、次世代モーショングラフィックの編集およびビジュアルエフェクトツールの使い方がマスターできる実践入門書です。全11レッスンで構成され、最新OSのMacintosh
10.1&Windows XPに対応した、最新バージョン5.5の新機能がいち早く学べます。付属CD-ROMのデータを使い実力にあったペースで作業できるのも魅力です。ディスプレイ上で手順を追いながら、アフターエフェクツの機能を使った本格的なムービー作りができます。アフターエフェクツを使ってみたい初心者からモーショングラフィックス制作やウェブデザイン、ビデオの編集などに使用するさまざまなクリエイターにとっても参考になる信頼性の高い書籍です。

-------------------------<目次>------------------------------

■本書について 3
Introduction レッスンを始める前に 8
本書を使用する前に 8
PostScriptフォントのインストール 15
Windowsユーザーの方へ 17
参考資料 18


■Lesson 1 
六角形からの2D要素の作成 19
レッスンの内容 20
レッスンの準備 20
最初の六角形コンポジションを組み立てる 23
イメージのトランスフォーム 29
アニメーションを複雑にする 42
プリコンポーズしたレイヤーにトランスフォームを加える 48
第3レベルでの動きとその他の微調整を加える 53
作業結果を再利用して2番目の要素を作成する 63
コンポジションをレンダリングする 67

■Lesson 2 
正方形からの要素の作成 75
レッスンの内容 76
レッスンの準備 76
最初の要素(踊る正方形)を作成する 77
“脈打つ正方形”部品を作成する 96
2番目の要素(逆光)を作成する 110
ふたつの部品を結合して“ボックスライト”部品を作成する 117
3番目の要素(ボックスライトライン)を作成する 120

■Lesson 3 
円を使ったアニメーションの作成 125
レッスンの内容 126
レッスンの準備 126
輪郭線のみの円を描く 127
点線の円を作成する 134
最初の要素“複数のリング”を作成する 137
“複数の線”と“複数の点線”の要素を作成する 146
3つの要素のレンダリング 147

■Lesson 4 
星型の要素の作成 151
レッスンの内容 152
レッスンの準備 152
最初の要素“オーディオ・スターバースト”を作成する 153
2番目の要素“ライト・レイ”を作成する 170

■Lesson 5 
文字と数字を使った作業 175
レッスンの内容 176
レッスンの準備 176
最初の要素“文字の線”を作成する 177
2番目の要素“文字の円”を作成する 186
3番目の要素“数字”を作成する 196

■Lesson 6 
3Dの六角形の要素の作成 207
レッスンの内容 208
レッスンの準備 208
最初の“3Dの六角形”を作成する 209
2番目の要素“3Dの六角形の輪郭”を作成する 230

■Lesson 7 
コンポジション内での2D要素の結合 235
レッスンの内容 236
レッスンの準備 236
新しいコンポジションを作成する 238
2番目のコンポジションを作成する 244

■Lesson 8 
3Dコンポジションの作成開始 255
レッスンの内容 256
レッスンの準備 256
コンポジションを作成する 258
カメラを使って作業する 262
六角形のレイヤーを追加する 267
生の動作のフッテージを調整する 272

■Lesson 9 
3Dコンポジションの仕上げ 279
レッスンの内容 280
レッスンの準備 280
既存の3Dフッテージを追加する 282
“文字の円”要素(TextCircle)を追加する 284
“文字の線”要素(TextLine)を追加する 287
“BoxLightsLine”要素を追加する 293
「3D Composite Comp」をレンダリングする 295

■Lesson 10 
最終アニメーションを構築する 297
レッスンの内容 298
レッスンの準備 298
白熱球の反射を作成する 301
本書の最終コンポジションを構築する 313
最終シーンをひとつにまとめる 333

■Lesson 11 レンダリング設定と出力フォーマット 337
レッスンの内容 338
レッスンの準備 338
レンダリング処理用のテンプレートを作成する 339
出力モジュールテンプレートを作成する 342
異なる出力メディアにレンダリングする 345
複数の出力モジュールを使う 347

■補足 ASCII配列のキーボードについて 355

■付録 動画メディアの基本知識 359

■索 引 365

あわせてよく検索される書籍

芸術を気軽に楽しめる!おすすめアートブック・セレクション

基礎から演出まで! イラスト表現のヒントが満載の8冊