MdNCORPORATION

DTPプロのためのカラー&スキャン基礎マスターブック

DTPプロのためのカラー&スキャン基礎マスターブック

ライノタイプ・ヘル 著
本体 2893円(税別) ※電子書籍の価格は各販売ストアにてご確認ください。
発売日 1997-02-04
仕様 B5/120P
ISBN 978-4-8443-5443-7
本書は、スキャニングとカラーマネジメントの基礎的な理論を解説しています。グラフィックデータを扱うプロ向けにお勧めの一冊です。高品位な写真のスキャニングと、原稿、モニタ、印刷物間相互のカラーマネジメントは、DTPのテーマです。また、近年低価格化が進み、普及段階に入ったスキャナ/カラープリンタユーザーの多くも、「スキャニングした原稿とプリントアウトの色が違う」という悩みをかかえています。世界を代表するスキャナ&イメージセッタメーカー、ライノタイプ・ヘル社がつくった技術マスター用オリジナル書を日本の印刷環境にあわせて翻訳しました。スキャナの原理や使用上の注意点、スキャニング方法を説明した「スキャニング」と、物理学的な色の理論や表色系、データ変換のヒントなどを網羅した「カラーマネジメント」で構成されています。図表を多用したていねいな解説は、DTPに従事する人のみならず、すべてのパソコンユーザーの疑問を解決してくれるでしょう。

目次



目次
第1章 スキャニング
色の理論…………色:原色、種類、および製版
ビットとバイト…………コンピュータが描くイメージの表示方法
不透過度と濃度…………光が通過する際に原稿に吸収されてしまう光の量
ドラムスキャナ対フラットベッドスキャナ…………技術的な違いとその応用範囲
スキャナ操作…………スキャナが絶対に耐えられないこと
システムキャリブレーション…………スキャナ、モニタ、およびプリンタの調整
保存する構造…………データの行き先
イメージの評…………実例と解説
スキャニングの前に…………考慮すべき事項
スキャニングのプロセス…………原稿の準備からデジタルイメージの保存まで
標準原稿のスキャニング…………すばやく、しかも自動的に
ヘッズアップ(注意を要する)原稿………… ヒントとトリック
イメージ補正を伴うスキャニング…………スキャニング中のイメージ変更
ピクセルレタッチ…………キズ、ケバ(Flutt)の除去
データ管理…………保存と転送


第2章 カラーマネジメント
色の起源…………なぜ、赤は緑ではないのか?
色知覚…………主観的で感覚的なもの
測色…………客観的な色の判断
入力から出力まで…………オープンシステムで作業を進める
ゴール…………カラーマネジメントシステムの目的
過程…………カラーマネジメントシステムはどのように機能するのか?
条件…………システムを構築しているすべての装置をキャリブレーションする
優位性…………カラーマネジメントは何をもたらすのか?
スキャニング…………画像のデジタル化
原稿からモニタ上の画像へ…………そのふたつの画像は、本当に同一な色で表示されているか?
原稿からカラープリント出力へ…………どうしたら、オリジナルへ近づけられるのか?
原稿からカラーコピーへ…………色かぶりのないカラーコピー
原稿から印刷された画像へ…………どうやったら鮮やかな色を残せるか?
フォトCD…………小さな丸い形をした、画像の記録媒体
カラーマネジメントの将来…………未来のカラーマネジメント


付録
カラーマネジメントの理論

用語集

基礎から演出まで! イラスト表現のヒントが満載の8冊

基本からはじめてプロデザイナーを目指す!最初の一歩に選ぶ本