MdNCORPORATION

『MdNデザイナーズファイル2020』 発売記念トークイベント【大阪】「デザイナー 2020」天宅正 ✕ 原田祐馬 ✕ 山田和寛

「MdNデザイナーズファイル」は、国内外で活躍するグラフィックデザイナー、アートディレクターの最新の仕事とプロフィールを紹介するデザイン年鑑です。2020年度版でも、<広告、シンボル&ロゴタイプ、装丁、エディトリアル、パッケージ、グッズ、WEB、UI>などのジャンルで活躍するデザイナー+アートディレクター総勢257名の仕事とプロフィールを掲載しています。

2020年度版の発売を記念して、大阪、神戸、東京で活躍されているアートディレクター3名をお迎えし、「デザイナー 2020」というテーマでトークイベントを開催します。
登壇するのは、神戸市のクリエイティブディレクターをつとめ、本書の装丁やアートワーク、デザインも手掛けた天宅正さんと、大阪から発信するデザインプロジェクト「DESIGNEAST」で発足当時からのディレクター、および京都造形芸術大学でも客員教授を勤めるUMA / design farm の原田祐馬さん、東京から、書籍の装丁・ブックデザインを中心に「たづがね角ゴシック」などのフォントデザイナーとしても活躍するnipponiaの山田和寛さんの3名です。

デザイナーとして今を生きていらっしゃるお三方に、社会とデザインとの関係性や、今後のデザイナーの在り方について、歯に衣着せぬトークが飛び出す可能性大。ここでしか聞けない話が満載の予定です。

当日『MdNデザイナーズファイル2020』をご購入された方を対象に、トークイベント終了後サイン会を開催いたします。


書籍紹介
書名:『MdN デザイナーズファイル2020』
発⾏:株式会社エムディエヌコーポレーション 発売:株式会社インプレス
発売⽇:2020年2⽉25日
判型:A4変型(209×277mm)/272ページ
定価:本体3,800円+税

2002年に「MdNクリエイターズファイル」として生まれた同年鑑は、2003年度に「MdNデザイナーズファイル」として生まれ変わり、2020年度版で18年目を迎えます。当初は知名度も低かった本書ですが、今では学生の方でも手に取れる比較的廉価で「デザインの今を切り取る」年鑑として、広く多くの読者に愛されています。

<開催日時・受付詳細>
■2020年3月3日(火) 19:00~21:00(開場 18:30~)
■会場:梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ
■定員:80名様
■参加費:
①書籍付チケット:4,510円(税込)
対象書籍名:『MdNデザイナーズファイル2020』(2月25日発売予定 / 税込み 4,180円)
②チケットのみ:1,650円(税込)
■ご参加方法:
①②いずれかのチケットをお求めください。ECと店頭にて販売しております。
※オンラインショッピングでは決済のみとなり、チケットの発送はございません。イベント当日にお渡しします。


梅田 蔦屋書店 公式HP
【登壇者プロフィール】

天宅 正(てんたく・まさし)

デザイナー / アートディレクター。1978年兵庫県生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、同大学大学院デザイン科修了後、デザイン会社「ドラフト」入社。2016年よりフリー。北海道、秋田、新潟、長野、東京銀座、島根など、地域へデザインでの貢献に取り組む。2017年より神戸市クリエイティブディレクター就任。桑沢デザイン研究所・天宅正ゼミ担任。2018年天体合同会社設立。



原田祐馬(はらだ・ゆうま)

1979年大阪生まれ。2007年、UMA / design farm を設立。アートディレクター/デザイナーとして、ブックデザイン・グラフィックデザイン・エキシビジョンデザインなどを手がける。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「共に考え、共につくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。共著に『小豆島にみる日本の未来のつくり方』(2014年/誠文堂新光社)。



山田和寛(やまだ・かずひろ)

1985年生まれ東京都出身。2008年多摩美術大学卒業。松田行正率いるマツダオフィス/牛若丸でブックデザインを学んだ後、Monotypeで「たづがね角ゴシック」を設計。2017年にデザインスタジオnipponiaを立ち上げ独立。書籍の装丁を軸に文字デザイン、グラフィックデザイン分野で活動中。仮名書体「NPGヱナ」「NPGクナド」などを制作。